訪問介護の仕事とは

What is Home Care?

 

訪問介護とは

 
 
訪問介護を行うスタッフはホームヘルパー、または、ヘルパーと呼ばれ、その名のとおり、「自宅で生活」をしている要介護者の毎日の生活の援助を行います。
ケアプランにより決められた曜日・時間に、ご利用者の自宅を訪問し、必要な介護サービスを行います。どのようなサービスを行うかは、お一人お一人の状態によって異なりますが、ケアマネージャーやサービス提供責任者、ご利用者本人や家族との間で相談の上、決定されています。
 
また、在宅のご利用者の特徴は、ご自身で買い物にも行ける方から、寝たきり等の全介助を必要とされる方まで幅広いというところです。「身体介護」「生活援助」「通院介助」などのサービスを提供することにより、ご利用者が毎日の生活の中で「自分でできる喜び」を感じることができるように支援する。それが訪問介護の仕事です。

訪問介護の仕事の種類

  
介護保険サービス
▶︎身体介助
 〜入浴介助、オムツ交換、就寝ケア、着替えのサポート、自立に伴う介助なども身体介助に含まれます
▶︎生活援助
 〜掃除や洗濯、調理、買い物代行など、皆さんが日ごろ自宅で行っているような家事のサポートをします
 
障害福祉サービス
▶︎居宅・重度訪問
 〜家事援助や身体的なケアは介護保険のケアと同じです。食事や入浴など、そのご利用者の状況に合わせたサポートを行います
▶︎移動支援
 〜ご利用者本人が外出する際に一緒に行動し、日常の何気ない会話をしながら外出先でのサポートを行います) 

シャロームの訪問介護への姿勢

私たちが最も重要に考えていることは、「介護の経験」があることや、「介護技術や知識」を十分に身につけていることではありません。「やってみよう」、「わからないことは学んでいこう」という気持ち、そして「協力しあって補い合おう」というチームの一員として考え方やマインド。私たちはこれらの姿勢を大切にしています。
 
 

 

 

未経験の方へ

 

訪問介護が初めてでも大丈夫

誰でも最初は初心者。訪問介護が初めてでも大丈夫。最初の一歩、そしてその次の一歩と、安心して働き始められるように、ステップバイステップでサポートします。最初は先輩スタッフがケアに同行します。そして、本人も先輩もともに安心できるまで同行するので、失敗を恐れずにスタートできます。
また、訪問介護の仕事には様々な内容があり、それらのケアの得手不得手も人それぞれあって当然。だから、スタッフ一人ひとりのレベルに合ったケアから担当していってもらいます。
 
例えば、調理のできない男性ヘルパーに、いきなり調理のケアを依頼することはありません。また、身体介助をすることに不安を感じている未経験のスタッフに、重度な方の入浴介助なども依頼しません。スタッフの状況や希望、スキルの評価をしながらステップアップしていってほしいと願っています。
 

訪問介護はチームケア

慣れてくるとスタッフはそれぞれ自分の担当するケアに1人で訪問するようになりますが、だからと言って、決して1人でケアをするのではありません。管理者やサービス提供責任者が関り、何人ものヘルパーが在宅での生活を続けるご利用者のケアに携わるチームケアの考えを大事にしています。
何か困ったことがあったり、緊急時には、チームで共有し一緒に考えます。一見、1人で行う仕事のように思えますが、いつもチームの仲間や先輩が見守り、必要な時は一緒に行動します。
 
その場にいる人数が多くなるほど、人は自分の力量を発揮できなくなると言われています。だからこそ、「1人で訪問するのは不安」だと思われている方にこそ、一度、訪問介護の仕事を経験してみて欲しい!きっと、ご利用者が希望している介護ができるようにとなり、あなたの潜在能力が発揮されるようになるでしょう!
 

体験できます!

「訪問には興味があるけど、いきなり面接はハードル高いな〜」と思っておられる方や「訪問の仕事って全然イメージできない」と思っておられる方。
 
あなたの都合の良い時間で体験してみませんか?
例えば、午前中(9:00~12:00)、午後(13:00~17:00)のみでも大丈夫です。
※移動を含みますので、3時間からの体験になります。
 
〇持ち物
筆記用具・タオル・お茶等水分補給できるもの
 
〇服装
自転車で移動する場合がありますので動きやすい服装でお越しください。

 
まずは気軽にお問い合わせください。
 
お電話でのお問い合わせ
平日9:00-17:30
 
メールでのお問い合わせ
ご登録頂くとお気軽に質問や応募をしていただけます。
 
 
 

 

経験者の方へ

 

あなた自身が望む介護を

 
もしあなたが介護業界で働いた経験があるなら、このように感じたり、考えたことがあるかもしれません。

「“ちゃんと”介護したい」
「1人1人のご利用者としっかり向き合いたい」
「訪問介護は調理ができないと無理なんじゃないかな」
「介護の仕事でキャリアアップしていきたい」 

このように考えている方は是非、訪問介護を体験してみてください。

あなた自身が望んでいた「やってみたい介護」が訪問介護にはあります。

シャロームではこれまで、在宅での看取り(ターミナルケア)に多く携わらせて頂きました。その中には、身寄りもおらず独居という方もおられました。しかし、ご自身の意思と希望をしっかりと持ち、最期まで住み慣れた自宅で自由に過ごされました。
あなたは自分の大切な人や両親には、どんな風に最期迎えて欲しいと思いますか?
流れ作業のように"処理"されるのではなく、「1人1人に向き合ったケア。」
あなた自身が望んでいる、そんな介護を私たちと一緒にしませんか?
 
私たちは単に人材が不足しているから募集をしているのではありません。
介護経験の長さや資格の優劣は関係なく、5年後、10年後、20年後も共に共感し進んでいける仲間(人財)を求めています。
介護キャリアを一緒に創っていきましょう!

スタッフの声

シャロームのデイサービスのスタッフとして入職し3年の勤務の後、2020年に訪問介護への異動の話をいただきました。「ヘルパーさん」=「女性」のイメージがありましたので、自分に出来るかが不安で正直迷いました。
最初は先輩ヘルパーさんに何度も同行していただき、親切丁寧に教えていただきました。おかげで安心して業務に携わる事が出来ました。
男性ヘルパーは人数も少なく、入浴介助などの力仕事で重宝されるケースもあります。男性の利用者様とは、男同士でしか出来ない会話もあったりします。
男性である事の利点を活かしながらコミュニケーションを図るようにしております。ケアに出ると利用者様と一対一になることがほとんどですので、責任は重大ですが、その分やりがいを感じながら働くことができますよ。


人と接する事が好きなので今後長く続けられ、キャリアを積んでいける仕事をしたいと考えた時、介護職をやってみようと思いました。空いた時間など、いろいろな働き方が可能というところもいいなと思いました。
先輩達がいるので、時には厳しく指導して頂き、時には親の様に温かく見てくれて間違いや失敗を受け入れて下さり、成長してきたと思います。自分もそうなりたいと思い続けてきて自信につながり、誰かの役に立てていると感じ支援できていることに誇りを持っています。


以前はホームセンターでレジ打ちをしており介護職に興味はあったものの、介護経験もなく、自分にはできないと思っていました。子育てもひと段落したので、一歩踏み出し挑戦してみようと資格を取りに行き、シャロームの登録ヘルパーを7年経験したのち常勤になりました。
初めはわからないことの連続で、自信もなく不安な日々でしたが、先輩方が一から親身に指導してくださり、納得するまで何度も同行してくださったので心強かったです。常勤になった今では、どんなケアでもこなせるまでに成長させていただき、毎日事務所で皆と顔を合わせ、些細な事など何でも聞いてもらえ解決してもらえる環境です。
管理者を筆頭に、仕事の時は利用者様の事を一番に考えながら真剣に、仲間が困った時は率先して協力し合い、団結力はどこにも負けないと思います。
皆、明るく休憩中はアットホームな雰囲気で笑いが絶えない職場です。


以前から訪問介護に対して興味がありました。しかし、女性の方がほとんどであることや、夜勤がないことでの待遇面の不安があり、訪問介護へなかなか踏み出せずにいました。
シャロームへ転職したきっかけは、就職説明会で訪問介護における男性の必要性や待遇面などの説明を受け、不安に思っていた事が解消された事で、以前より興味があった訪問介護に挑戦する気持ちで転職しました。
実際に訪問介護で働いてみると、前職での経験を活かせる事もあれば、まったく知らなかった事を学ぶことも多く、日々成長できる仕事場です。訪問先によって個々の生活があり、その人に合ったケアを1対1で提供できるのも訪問介護の魅力だと思います。最初は不安もありましたが、スタッフの得意、不得意に配慮してケアを割り当てて下さるので、徐々に慣れていく事ができました。
訪問介護未経験の方でも、最初は慣れるまで先輩が同行下さるので、人と関わる事が好き、少しでも訪問介護に興味がある方は是非、挑戦してみて欲しいと思います。人と人との関わりなので、嫌な事も正直ありますが、それでも楽しく仕事をさせて頂いています。訪問介護に踏み込んで本当によかったです。


いろんな職種を経験しましたが、やはり介護の仕事が楽しいです。
人生の大先輩がいろんな面白い事を教えて下さり、自分の肥やしにもなります。
訪問は初めてでしたが、お宅におじゃまするとその方の人生が詰まっていて、その人生のお手伝いが出来る事にやりがいを感じます。



19歳のころからシャロームのデイサービスで働いています。
介護の事は本当に何も分からない初心者だったのですが、シャロームのリハビリ特化型デイサービスで体の動きの基礎から、トイレ介助、食事介助、お風呂介助など段階を踏んで丁寧に教えてくださいました。
少し後に初任者研修を修了し、訪問介護でも働くことになりました。
はじめは利用者様の家で2人という状況が責任感もあり、とても怖かったのですが、訪問介護の皆さんがとても暖かく、本当の娘かのように心配してくださいました。
毎回慎重に話し合いを重ねて、気持ちをしっかり汲んでくださり納得した上で同行を組んで頂けるので安心してケアに入れています。
今では積極的に自分からケアを貰いにいけるまでになりました。
先輩たちもとても優しく頼もしいので、仕事の不安や不満に思っていることなどすぐに相談できますし、先輩の背中を見てお仕事以外の人間的な成長も沢山させて頂いていると思っています。

私は訪問介護という仕事がどんなお仕事なのかさえ知らなかったのですが、進路のことで迷い立ち止まった時に、母から「人とコミュニケーションを取ることが好きなんだし、今後絶対役に立つから資格取りに行ってみない?」と言われて初めて「介護」というものにふれました。
利用者のお宅に1人で伺う緊張感や、1人では対応できないことが起きたら怖いという思いはありましたが、実際やってみると「自分はいつでも一人じゃないんだ」と思える先輩方のフォロー体制が整っていて、不安もすぐ払しょくされました。
ですがまだオムツ交換はしたことがないですし、まだまだ出来る自信はありません。
だけど自分の出来ることから1つづつ、丁寧に思いやりを持って利用者さんに接することで、こんな私でも「ありがとう」と言って頂ける毎日がとても楽しいです。
未経験から始めてまだ初心者の私ですが、ずっとこの気持ちを忘れずに頑張りたいと思います。

 

 

スタッフアンケート

 
在宅のヘルパーステーションで働くやりがいは何ですか?

          
この職場で働き続けられる理由を教えてください。

訪問介護で自分の未来を描く

 
入社~1年
現場を知る・制度を知る
介護の仕事(在宅の介護)に慣れ、訪問介護における介護保険制度の概要を知る。
 
1~3年目
実務者研修修了・介護福祉士 取得へ
基礎を習得した介護職として、さらに仕事内容が充実できるよう、自主自律を目指す。
地域を知り、地域の中で介護職がどう貢献できるか、自分自身でも考えられる職員に。
 
3~5年目
介護福祉士取得
サービス提供責任者から管理者を目指す
介護職としてのさらなるスキルアップと共に、適所に人材を活かします。
 
6年目〜
介護支援専門員 取得へ
専門領域か、キャリアか、経営マネージメントか、自分の生きたい道を選択できるフィールドがあります。
 

訪問介護キャリアパス
 
 
ご登録頂くとお気軽に質問や応募をしていただけます。
 

リアルな数字で見る職場

 

男女の割合

 

年代別の割合

 

正社員・登録スタッフの割合

 

勤続年数別の割合

 

移動手段別の割合

 
 

異業種から転職の割合

 
 

サービス内容

 

その他

 
 
 
 

支所

Branches 
シャローム大仙

〒590-0048 堺市堺区一条通3-2

℡ 072-224-7707

▷JR阪和線「百舌鳥駅」より西に徒歩15分

▷南海高野線「堺東駅」よりバス「工業高校前」徒歩3分

シャローム新金岡

〒591-8021 堺市北区新金岡町1-3-33

℡ 072-240-5511

シャローム泉北

〒590-0153 堺市南区大庭寺249-1

℡ 072-295-0081

やすらぎ倶楽部 咲楽

〒599-8234 堺市中区土塔町2044-60

℡ 072-234-3311

やすらぎ倶楽部 浅香山

〒590-0011 堺市堺区香ヶ丘町1丁4番1号太井ビル1階

℡ 072-222-5333

▷南海高野線「浅香山駅」より徒歩1分