なぜ訪問介護?

 Why Home Care?

今なぜ訪問介護が必要とされているのか?

超高齢化社会を迎えているのは周知の事実。だけど、高齢者一人ひとりの想いをどれだけの人が考えているでしょうか?約70%の方が「住み慣れた家で最後を迎えたい」と望んでいるのです。その想いを実現するために訪問介護が今、必要とされているのです。今の時代、最も必要とされ、人の尊厳を守る価値ある仕事。それが、訪問介護です。

その方に寄り添う「個別ケア」ができる

訪問介護スタッフはご利用者の自宅を訪ねるため、その方の想いとニーズに寄り添った「個別ケア」を行うことができます。そのためご利用者との関わりも深く、感謝の言葉をいただくことも多くあります。
「施設介護も訪問介護も両方経験したけど、私は訪問介護が好き!」という人が実はとても多くいます。

大きなニーズ

 
日本の高齢化率は28.1%(※1)。2007年に世界の中でも超高齢化と言われる国となりました。一方で従属人口指数は68%であり(※1)、介護が必要な高齢者や障害者が地域の中で介護難民となることが安易に推測できます。
 
しかし、その高齢者ひとり一人の想いをどれだけの人が考え、実現できているでしょうか。約70%の方が「住み慣れた家で最期を迎えたい」と望んでいますが(※2)、実際に自宅で最後までいられる方は10%強で、80%の方が病院のベッドの上で最期を迎えている現実があります。(※3)
 
住み慣れた場所での生活を望み、最期まで自分らしく好きなように過ごしたいと願い、自宅で最期の時を迎えたいと思っても、介護をしてくれる家族の負担や、訪問介護員(ホームヘルパー)の不足による、理想と現実の大きなギャップが存在します。(※2) 
(※1) 総務省 人口推計(平成30年10月)
(※2) 厚生労働省:平成30年3月 人生の最終段階における医療の普及・啓発の在り方に関する検討会
(※3) 厚生労働省 人口動態調査 2010

 

Our Vision is
to support elderly people
to live with peace in their own home
for the whole their lives.

 
 
シャロームグループのビジョンにもあるように、私たちは地域の皆さんの「お元気な時から最期の時まで、住み慣れた家で安心な生活」を支援するために介護サービスを提供します。

障害や疾病で益々介護が必要になる方、また一人暮らしで今後が不安という方は、家で暮らせないのでは?と思われていることが多いと思います。全ての方にとって自宅が最善の場所ではないかも知れませんが、家で暮らしたい想いに、少しでも寄り添える支援をしていきます。
 

楽しく、長く働くために

 
介護の仕事だから、身体介助や生活援助の家事全般をすべてパーフェクトにできないといけないということではありません。
 
整理整頓が好きな人、料理が好きな人、人と接することが好きな人は、介護の仕事にも向いています。家庭の中で日常的な家事を毎日されている女性は、ご利用者の生活全体を見ることができるので、やってみれば何の問題もなくできたという人も少なくありません。
 
最近では障害福祉サービスのニーズも多くなり、同性介護での男性ヘルパーをご希望される方も多くなりました。また、24時間介護が必要な方は、夜間帯のケアも必要なことから男性介護士の活躍の場が広がっています。
 
誰かのためを考えた時に、自分はどんなことならできると思いますか?
自分の好きなことやあなたの力を、必要とされている方や社会に貢献しましょう。
 
 

支所

Branches 
シャローム大仙

〒590-0048 堺市堺区一条通3-2

℡ 072-224-7707

▷JR阪和線「百舌鳥駅」より西に徒歩15分

▷南海高野線「堺東駅」よりバス「工業高校前」徒歩3分

シャローム新金岡

〒591-8021 堺市北区新金岡町1-3-33

℡ 072-240-5511

シャローム泉北

〒590-0153 堺市南区大庭寺249-1

℡ 072-295-0081

やすらぎ倶楽部 咲楽

〒599-8234 堺市中区土塔町2044-60

℡ 072-234-3311

やすらぎ倶楽部 浅香山

〒590-0011 堺市堺区香ヶ丘町1丁4番1号太井ビル1階

℡ 072-222-5333

▷南海高野線「浅香山駅」より徒歩1分